カジュアルな日誌
記録、画録、写真録、感想録
記録

時効警察はじめました #1総武のウタマロ

そんなで大和田さん、時代遅れのメールなんかで教えてくれたもんだから、気づくのが遅れ、スペシャル版を身損ねた。

「事前にメール送るって言ってくれないと気づかないじゃんよー」と言いたかったが、そこはがまんした。貴重な情報を教えてくれなくなると困るし、大和田さんは機嫌を損ねると恐いからだ。

それはそうと 総武のウタマロ だ。

 見て最初に驚いたこと 

時効管理課の面々がまったく変わってない。えーーうそー未公開蔵出し映像なの? と大真面目に 目を近づけていたほど。しかも、
外見のみならず内面も変わってない。
いや、内面まで証明できないが、見た限り同じ。←いやそれは外面か?汗
普通、年取ったら「疲れ」「倦怠感」「無力感」「図々しさ」「尊大さ」エトセトラが出そうなもんだが、やはり役者たましいなんだろなぁ

 本日のゲスト俳優 

新興宗教「阿修羅の水」の2代目教祖・神沼美沙子に小雪
美沙子を支える信者 花崎新一に六角精児
美沙子の母で1代目教祖に伊勢志摩、総武のウタマロこと要玲蔵(かなめたまぞう)に村松利史

っと、当ブログ、ドラマ情報サイトじゃないので、ここまで詳しく書いているとキリがなくなるのだけど、ほんっとにみんな可笑しいのと役への成りきりが見事すぎて全員載せないと気が済まなくなって困ってしまう。

花崎の、手をクイックイッとさせて遺留品ボックス受け取ろうとするとことか、顔の真ん中に太い柵がくるアングルとか、どうでもいいとこが可笑しくてツボすぎる。
終盤に入って火サスのごとく霧山と海岸を歩くんだけど、いつまでぐるぐる回ってるんだっ!!と突っ込みたくなる突堤歩きがw

あと小雪が出てきたときは「おおっ小雪か」と思ったね。
なんせ直前まで『全裸監督』見てたから。小雪の役はどっちもトラウマがらみの人物なんだけど、彼女は見ていてストレスを感じさせない。
この前『ジョーカー』 映画館で見たらもうつらくてつらくて、早く映画終わってくれー って祈っていた。

小雪のキラっと光る小技の効いた演技力(なのか地なのか)にはつい見入ってしまった。霧山を誘惑する仕草はなかなか参考になると思うので、モテなくて悩んでいる女性は真似してやってみてもいいくらい。
(結果は保証しないが)(なかなかああまで自分ペースで喋れない)

 めっちゃ笑ったところ 

「刑事課のラスプーチンと言われている」と自慢した十文字疾風(じゅうもんじはやて)に「なんでもいいですよ」とすかさず言ったサネイエのタイミングと力強さ。吹き出した。

引退した元女刑事がいきなしパイプ吸い出したとこ。ひっくりかえった。

 同世代のふせさん 又来 

まさか、子どもがいたなんて。そういえばそんな事言ったっけ。その子どもが大きくなっていて同じ職場で働いているなんて。いやーそういう設定ですか。
しかも、その子ども今をときめく誰だっけ。名前ちょっと忘れたけど、『今日から俺は!』で不良をやっていた、ほら、あの人、ほらほら。凄みがすごすぎて途中からトーンダウンしていた、再来年あたりNHKの大河ドラマの主役はってそうな。
あたしは大河は見ないからそれはどうでもいいんだけども本人にとっては一応日本の俳優のステイタスかもしんないから、よかったねーと思うかもだけどわかんないかもしれないな。

そんなで又来も変化なし。ぎっくり腰になっても同じギャグやってると確信もてた。
グッ!!

 霧山と三日月のふたりの関係 

三日月バツイチになっていたけど、人格面の変化なし。霧山への思いも。
とはいえ、状況には変化あり。彩雲真空(吉岡里帆)っていう強烈なライバルが登場したのだ。
真空、超ド級に可愛い。
そのうえ、なんでもできる優秀すぎるウーマン。
なのにおもろい。
しかも、テキヤのおっちゃんを突き飛ばしても起こしてあげるくらい優しい。
無敵。
何か欠点ないのか?
言うことが面白くない、と十文字疾風には腐されているが。
しかし輝くような笑顔。
太陽。

しかしこうやって、笑顔のうつくしい女性が笑顔でいるから、世間は「まだまだ地球、大丈夫」「ぜんぜん、平和」「気候変動、なんくるないさー」と危機感を持たないんだろなあ。まったく、それとこれは別だからねえ。楽しく楽観的になりたいのは分かるけど、

いや、いや、それは違うから。
おいとかないと~★★★★

それはそうと、今のところ、ときどき焼く三日月のヤキモチがちょっとしたアクセント。

どうなるふたり!! どうもなりそうもないけどwwww

あと、石崎がライバル宗教団体をハッキングしたって、何をやったんだろう。

総武のウタマロ見逃し配信あり
> 総武のウタマロ見逃し配信あり

 


人気ブログランキング