Press "Enter" to skip to content

動いている庭(本の感想)

みすず書房
発売日 : 2015-02-26

当方、10年前に中古住宅を買った。中古住宅には狭いながらも庭が付いていた。

子ども時代から高校卒業まで団地住まいだった。その後も寮に入ったり、アパートに住んだり、賃貸マンションだったから、庭を持てただけで嬉しくて、植物を植えまくった。

その前に園芸本も買いまくった。失敗したくなかったからだ。
最初に買った一冊は↓

よく見たら「失敗続きのガーデナーが最後に開く」本らしいが、ともかくわたしは最初に読んだ。
とても役に立つ本だった。今でもここに書いてある「バラはやめておいた方がいい」(ものぐさなら) 「芝生を植えてはいけない」(ものぐさなら) という教えは、おおむね守っている。
とはいえ、この本の教えの通りにいかなかったことも多い。
たとえば、ものぐさにもっともオススメの樹木として挙がっていた「ジューンベリー」が、思いのほか楽じゃなかった。うどんこ病になるわ、剪定しないとグチャグチャな枝振りになるわ、今年なんか、野生化した朝顔と雑草のつるに絡まれて、頓死しかけた。
ジューンベリー以外だと、手がかからないはずの「アベリア」は、勢いがよすぎて切っても切っても隣家に入り込み、剪定に追われてうんざりになった。

つまるところ、ものぐさOKとはいっても、最低限の手間を要するレベルは存在しており、わたしはその臨界点を超えていたのだ。

その後イングリッシュガーデンにも目覚めた。ポール・スミザー氏に傾倒しまくり、書籍は軽く10冊は購入。熟読に熟読を重ねた。
スミザー氏の本みたいな庭にしようと頑張った。
が、うまくいなかった。

イングリッシュガーデンは、一見するとナチュラルであるが、常に植物を観察し、細やかに手入れをしていないといけない。
そうでないと雑草に居場所を追いやられたり虫に食われて、植えた植物はいつの間にか消滅してしまう。
つまり、イングリッシュガーデンはナチュラルメークと同じで、ナチュラルに見えて本当は厚化粧、みたいな手間がかかっている。

(注:厚化粧は悪口にあらず)

で、今年の夏、うちの庭は爆発した。
つる性の雑草が、ジューンベリーもアベリアも、さらには頑健で知られるコデマリすらも締め上げて、全部枯らした。このつる性植物の名前は、調べが付いている。「藪豆」だ。

もう本気でウンザリした。これの駆除にどれだけの時間と労力を費やしたことか。いやさ、いっしゅの恐怖感すらおぼえながら「藪豆」と格闘した。

庭をコンクリで固めている家もよく見かける。格闘に疲れ果てたからだろう。おそらく。

わたしはコンクリでは固めたくない。味気ないからだ。

それで、悩んだあげく、今年の秋からはもう、イングリッシュガーデンとかはやめて、小さい植栽スペースをDIYで作って、その中にだけ、植物を植えることにした。

⇒続く。